001-0

 

 

           「今日ね、わたしね、こんなアクセサリーつけてるんだ」

 

 ちょっと嬉しいことがあった日は
お気に入りのピアスをつけてスキップしよう 

ちょっと哀しいことがあった日は
胸にそっとネックレスをあてて笑ってみて

 

少しキッチュでクスッとなる
だけど上品に付けられる

Betweenは
"Between Kitsch and Noble"
をコンセプトした
金属ベースのアクセサリーをつくっています

 

2014年にイベント出店から活動を開始

北九州市門司港のちいさなお店を経て
ただいま移転準備中です

販売はイベント出店・webshopにて
(イベント出店前後はwebshopを一時的にCLOSEさせていただきます。)

 

⚘⚘⚘  つくっている人  ⚘⚘⚘
石橋 貴子
千葉県船橋市生まれ、福岡県北九州市育ち
長崎大学環境科学部で環境行政について学ぶ。
神奈川県鎌倉市役所に勤務。
北九州市に戻り、自分はなにが好きでなにが出来るのか見つめ直し、銀粘土を始める。
イベント出店を重ね、2014年春、北九州市門司港にて小さなお店を始める。
2018年に彫金も学び始め、技術と共にすこしずつ作品の幅を広げている。
2019年7月、家庭の事情により門司港の店舗を閉店。
現在、田川郡香春町採銅所にてアトリエショップをセルフリノベーション中。